佐々木機工株式会社は、北海道を中心に工場の生産活動をバックアップする機械器具の専門商社です。

ショットランアウター工法

ボイラーチューブ外面に付着したスケールやクリンカを、
効率的に除去するブラスト応用技術。

用途
各種ボイラーチューブ、加熱炉チューブ、インタークーラー、これらの熱効率向上対策

施工事例

メカニズム

1.圧縮エアーに研掃材を乗せて、チューブ同士の隙間に吹き付けることにより、気流に乗った研掃材が複数のチューブ外面に衝突し、奥へ奥へ進みます。

 

img_service_shotrunouter3-1

 

2.従来では洗浄しにくかった千鳥配置のチューブでも、研掃材を乗せた圧縮エアーがチューブの陰にまで行渡るので、水による洗浄工法よりも効果的にスケールやクリンカを除去できます。

3.研掃材吹き付け側から見えない部分についても、ロングノズルや360°前周ノズルを使うことで、スケールやクリンカの除去が可能です。

4.ドライ工法のため、水分を嫌う耐火設備に最適です。

5.廃棄物は研掃材と除去したスケール・クリンカのみのため、水洗浄や薬品洗浄と比べて、廃棄物量を削減できます。

PAGETOP
Copyright © 佐々木機工株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.