佐々木機工株式会社は、北海道を中心に工場の生産活動をバックアップする機械器具の専門商社です。

その他の事例

弊社でこれまで手がけたコーディネート案件のうち、主なものは以下のとおりです。

200t鋼片台車(12両):1975年

200t鋼片台車1975年(昭和50年)5月大手製鉄メーカーへ納入。豊平製鋼が炭鉱向け車両や橋梁製作で優れた技術を保有していた為提携しました。

提携先:豊平製鋼(株)

電線管継手「グリップロック」:1987年

グリップロック実物電線の埋設地中化の際に使用する電線管の継手を開発。従来よりも作業性向上・コンパクト化された製品を提供しました。

提携先:(株)三桂製作所

チタン製缶品補修工事:1993年

890529MM「共伸機工でチタン大型工作物製作」弊社取引先より、化学薬品タンク(チタン製)の補修を北海道内の工事業者でできないか、調査依頼を受けました。弊社では、ステンレス製品加工技術に優れた共伸機工にチタン加工・補修技術の開発を打診し、共伸機工で技術を確立しました。

提携先:(株)共伸機工

NHKモニュメント『FURAI』延命化:2012年

FURAI

平成23年1月に、NHK室蘭放送局より産学交流プラザ「創造」に対して、モニュメント「FURAI(ゲージツ家 篠原勝之氏作)」の延命化対策の依頼があり、「創造」参加企業の5社が参画して「FURAI延命化プロジェクト」がスタートしました。この中で弊社は、防食対策分野で参画いたしました。

「FURAI」は、室蘭港傍の高台に屋外設置されている事から、潮風に晒され腐食する条件であるため、弊社は重防食塗料「ラスタッフ」を選定・提案致しました。
重防食塗料は、「FURAI」の白色・青色・黄色ジャイロ内輪(回転部)に採用されました。

篠原勝之さんブログでも紹介されています。

提携先:産学交流プラザ創造

 

PAGETOP
Copyright © 佐々木機工株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.